いろから 唐揚げ(からあげ)フランチャイズのコラム

からあげ(唐揚げ)のフランチャイズのいろから

会社案内個人情報保護方針

コンセプト

「消費者視点」の販売促進を考える

  • 2013年10月10日

リピーターとしていかに顧客をつかまえるかが、飲食業界で成功する秘訣となります。
一度の来店だけで終わってしまうようなものであれば、年々利益を重ねることは難しく、ゆくゆくは経営が大変な状態になってしまうことも考えられます。

個人事業主として、飲食関係のフランチャイズを行う場合には、安定したクオリティーを、開店当初から打ち出すことができます。
つまり、一度の来店にとどまることなく、何度でも足を運んでもらうほどの魅力をアピールすることができるのです。
一般的には三回来店してもらえるようなお店を目指すことによって、地域に密着した経営ができるようになると言われています。

実際に複数回の足を運んでもらうためには、多くのウリを作っておく必要があります。
からあげのフランチャイズで戦う場合には、スタンダードなウリを持っておくことはもちろんのこと、家庭ではまねできないものを有していることも重要です。
更には、普段はなかなか手を出さないようなものであっても、ついつい買ってしまうような目を惹くウリを持っておくことも重要です。
このような戦略によって、複数回の来店を容易に勝ち取ることができるのです。

「消費者視点」の販売促進を考えるということは、その後の経営にも大きな影響を与えるだけでなく、口コミからの顧客をつかまえるためにも重要です。
からあげ店のフランチャイズを経営する場合にも、はっきりとしたメリットを感じてもらえるようなウリをアピールすることが、一度つかんだ顧客を離さないカラクリに繋がるのです。

コメントを残す