いろから 唐揚げ(からあげ)フランチャイズのコラム

からあげ(唐揚げ)のフランチャイズのいろから

会社案内個人情報保護方針

コンセプト

のれん分け制度とフランチャイズ

  • 2013年10月10日

フランチャイズ契約というものは、日本文化の中に古くから存在する、のれん分け制度を導入していると考えても間違いではありません。
のれん分けとは、一定の資格を満たした際に、本部の直営店としての営業を許可するものです。
つまり、要件を満たしていなければ、お店の名前を名乗って営業することができないのです。

のれん分けを行なうメリットとしては、資質の確認を予め行なうことができるため、安定した運営に向けた体制作りが確実にできます。
しかし、のれん分けに至るまでには期間がかかるというデメリットがあります。
そのデメリットを少しでも解消するために、迅速な教育システムの確立が行なわれ、異業種に勤めていたという経緯を持っていても、経営ができる資質を養うことができるようになっています。

外食産業を中心にのれん分けの制度を導入しているところは多くなっており、いかにして安定した味を提供することができるかという課題をクリアするための策が練られているのが最近の状況です。
だからこそ、フランチャイズ契約を募集しているところが多くなっており、全国展開をスピーディーに制覇するところも多くなっています。

外食産業における勢力拡大のためには、古くから伝わるのれん分けをいかにして行うかが解決できることが、評判の高い味の追求にも繋がり、多くの人々に幸せをもたらす企業としての成長にも繋がるのは確かです。
フランチャイズはブームをも作りだす起爆剤になるため、外食産業の多くが導入に踏み切っているのです。

コメントを残す