いろから 唐揚げ(からあげ)フランチャイズのコラム

からあげ(唐揚げ)のフランチャイズのいろから

会社案内個人情報保護方針

コンセプト

個人事業主として開業するために必要な手続き

  • 2013年10月10日

たとえば、からあげのフランチャイズを経営する場合に、個人事業主としての申請を行うのであれば、2つの書類を提出することによって、円滑なスタートが切れるようになります。
必須となるものは1つであり、「個人事業の開業・廃業等届出書」を、管轄の税務署に提出することが必要になります。

もう1つは、開業から2カ月以内に提出する必要がある「青色申告承認申請書」を提出することによって、特別控除が最高で65万円分受けることができる点も注目すべきです。
「個人事業の開業・廃業等届出書」は開業から1カ月以内に提出することが必要となっています。

もしも同時に書類を提出する場合には、1度の申告で手続きを済ませられます。
手続きに記載する項目も少なく、大きな負担にはならないため、個人事業主として申請を行う場合には、2つを同時に提出するのがスタンダーと名考えになっています。

開業については屋号の選定が必要になりますが、基本的には屋号が決まっていない場合には空欄での申請も可能です。
税務署の担当に伺うことによって、申請に必要な情報の記載に対する指導も受けることは可能です。

個人事業主としてからあげのフランチャイズを立ち上げるのであれば、まずは開業に対する手続きを進めつつ、必要に応じて専門的支援を仰ぐということも、納得できる今後の生活プランの主軸となります。
いずれにしても、個人事業主として開業する場合には、必要な情報を整理しておくことが重要です。

コメントを残す