いろから 唐揚げ(からあげ)フランチャイズのコラム

からあげ(唐揚げ)のフランチャイズのいろから

会社案内個人情報保護方針

コンセプト

物件の競合が大手でも事業への想い次第で契約は取れる

  • 2013年10月10日

人を説得するための魅力を持っているのであれば、たとえ、物件の競合が大手であったとしても、事業内容を伝えることによって、契約を取ることは可能です。
その際に必要な要素としては、いかにして事業の成長を抑えめるための算段を踏んでいるかにあります。

何の情報を持つことなく、熱意だけでは伝わらないことの方が圧倒的に多いため、説得力ある交渉を進めたいと思っているのであれば、事業計画案を提示することが重要になります。
誰でも綿密な話し合いのもとで、事実に基づいたものを提示できると、物件の競合が大手だったとしても、信頼できる相手としての認識が進むようになります。

物件の魅力を放つところは、ライバルも同じように自分の土地として押さえておきたいのです。
だからこそ、一般企業に負けないような勢いを携えての成功がイメージできなければならないのです。
オリジナリティー溢れる考えを持っていれば、フランチャイズであっても、魅力的な環境選択が可能になります。

自分のこだわりはアクセス面にすべきかを迷うのであれば、全てが融合されたものも対象にすべきです。
安易に契約するのではなく、複数と比較することによって、メリットが大きな環境選択が可能になります。

大手だからとあきらめてしまっては、毎月信じがたい成果を得るための環境を逃がしたも同然です。
不動産会社のパートナーに協力してもらうことも視野に入れることによって、確実にメリットが得られます。

コメントを残す