いろから 唐揚げ(からあげ)フランチャイズのコラム

からあげ(唐揚げ)のフランチャイズのいろから

会社案内個人情報保護方針

コンセプト

節税対策の幅広さが個人事業主の強み

  • 2013年10月10日

個人事業主の強みとしては、節税対策として講じることができるバリエーションが多い点にあります。
幅広さがある節税対策の中から、どのようにして課税対象になる金額を絞るかによっても、税金として引かれる額が可変します。

一般的には個人事業に必要な備品もしくは事務用品に費やした費用は、経費として換算することができるようになります。
家賃や光熱費・通信費についても、自宅を利用して事業展開を行っているのであれば、経費として換算することが可能です。
交通費について、事業を行う上での費用が発生した場合には、経費にすることができます。

事業に使うものは経費にすることができる可能性を知っておくだけでも、節税対策としては非常に大きな効果を発します。
利益に課税される割合は、課税所得額に税率をかけて、控除額で差し引くことによって、決定します。
この式に当てはめて計算することによって、備品としてパソコンを15万円で購入した時の節税金額が、意外にも大きくなることに驚くはずです。

事業に関わるものであれば、書籍の購入も経費として認められます。
つまり、からあげのフランチャイズを行う場合には、料理本などの書籍であっても、事業に必要な投資として経費へと計上することができるのです。

このようにして、個人事業主は、節税対策のバリエーションを有しておくことによって、いつもの出費を経費として計上するチャンスを得ることになります。
何気なく使っていたものであっても、事業に必要という位置づけに繋げられる可能性は知っておいても損にはならないはずです。

コメントを残す