いろから 唐揚げ(からあげ)フランチャイズのコラム

からあげ(唐揚げ)のフランチャイズのいろから

会社案内個人情報保護方針

コンセプト

退職前に提出しておくべき「退職所得の受給に関する申告書」

  • 2013年10月10日

退職金を適切な額で受け取る環境設定を行うことによって、無駄なく生活や新規事業に回すことができる資金を確保することに繋がります。
その一つの方法が、退職前に「退職所得の受給に関する申告書」というものを提出する手段となります。

退職所得として支給される金額は、源泉徴収分が引かれて手元に渡ることになります。
しかし、その割合は「退職所得の受給に関する申告書」を提出しない場合、一律20%の課税が成されることになってしまいます。
所得の状況によって異なりますが、適正に源泉徴収をしてもらいたいという場合には、申告書の提出は必須です。

退職金に対する所得税は、勤続年数に応じて源泉徴収が異なります。
また、退職所得控除という制度もあり、こちらも計算によって導くこととが可能です。
事前に計算式に当てはめて、申告書の提出を行うことにメリットが得られるかを検証することもできるのです。

しかし、退職金を期待してフランチャイズの展開など、新たなビジネスに参入しようと考えているのであれば、適切な処理をはじめから講じることができるように、予め「退職所得の受給に関する申告書」の手はずは済ませるべきです。
退職前に申告書を提出するだけで作業は終了するため、フランチャイズ展開など、個人事業主としての新たなスタートに華を添えるための手段は、運営に対する金銭的な余裕にも繋がります。

もしも、既に退職となり、退職金が支給されているのであれば、確定申告によって正しい税率計算を行ったうえ、払いすぎた分を還付してもらうこともできます。

コメントを残す