いろから 唐揚げ(からあげ)フランチャイズのコラム

からあげ(唐揚げ)のフランチャイズのいろから

会社案内個人情報保護方針

コンセプト

退職後に見落としがちな住民税の支払い

  • 2013年10月10日

毎月給料から差し引かれるものは多々ありますが、住民税もその一つです。
何気なく支払いにまわされている住民税は、前年度の収入に対する課税が行われるため、たとえ職を失ったとしても、前年度に収入がある場合には、住民税が課税されることになります。

退職後は自身で住民税を支払う必要が生じるため、収入が全くない状態であっても払い続ける必要があります。
収入に対しての課税となるため、意外にも大きな出費になることも特徴です。

もしもフランチャイズのために退職を考えているのであれば、その後の生活に対する負担を踏まえたうえでの行動が必要です。
毎月の給料が収入としてあった時期との違いが、支払いの面でどのような負担になるかを知ることによって、生活に対する不安を解消することが、前向きな未来を歩むためには重要です。

ついつい給料から差し引かれていたからといって楽観視するのではなく、特に見落としがちな住民税についての情報を知っておくことによって、円滑な新生活を作ることにもなります。

企業に属すことによって加入となる社会保険も、退職を機に国民健康保険への切り替えが生じることになります。
今までは給料から差し引かれており、社会保険であれば企業側も負担を半分負ってくれるため、生活に対する負担軽減も行われていたものの、国民健康保険への支払いに対する負担軽減策はありません。

つまり、退職後に生じる支払いをしっかり踏まえることによって、生活に困らない人生を歩むことができるのです。

コメントを残す